« 人に優しい住環境 | Main | 手摺の取り付け »

April 01, 2006

出入口の問題

取手の交換

握り玉取っ手をレバーハンドル取っ手に交換 握力の低下した高齢者に
とっては、握り玉を握り握り玉を回した状態でドアを押 すもしくは引く
という動作は非常に難しい動作となります。
その場合、レバーハンドル錠に交換するだけでドアの開閉の動作が解決
される場合 もあります。

既存建具の改良

重い引戸を後付けV溝レールとコマの取付で動きを改善する。
 既存の敷居の上に薄型のV溝レールをビス止めして、引戸本体下端を
掘り込んでVレール用コマを取り付ける。
その際必要ある場合は引戸本体の高さを5~10mm丈詰めする。
引戸の操作がとても軽くなります。

既存の建具をハンガー引戸に交換する

引き込み代がある場合は、既存の建具を撤去してハンガータイプの引戸
(引き残し 120mm)を新設する。

既存の建具をハンガー折戸に交換する
         (アコーデオンカーテンに交換する)

引き込み代のない場合は、既存の建具を撤去してハンガー折り戸タイプ
(たたみしろ 140mm)
又は、アコーデオンカーテン(たたみしろ開口部の1/5)を新設する。

折れ戸には、外折れタイプ・内折れタイプの2種あります。
折れ戸は、開閉操作が少し煩雑になりますので
計画時には利用者の運動能力を充分考慮する必要 があります。

« 人に優しい住環境 | Main | 手摺の取り付け »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 出入口の問題:

« 人に優しい住環境 | Main | 手摺の取り付け »

November 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Trackbacks

Categories

  • 住まい・インテリア
無料ブログはココログ