« 引戸の動作改良 | Main

October 08, 2006

アコーデオンカーテンの活用

ドアの開閉操作の問題点

 ドアを開閉するには「ドアノブを回しながら
ドアを押すか手前に引く」 と言う動作になります。

  握力や運動能力が加齢により低下してくると、ノブを回しながら
押す又は引くと言う動作は結構難しい動作となる場合があります。

 また、ドアを開くスペースが必要で、開き勝手側に何か障害物が
ある場合ドアを開けられなくなる事もあります。
(部屋内側に開くドアで部屋のドアの前で
                           意識を失って倒れてしまった場合)
ドアが開かなくなってしまうことも考えられる。

対応策として
     操作の簡略化から考えると

Lh_kye ① レバーハンドル錠に交換する。

 

 

 

Magcatch② ラッチとロックを取り外して引手とボールキャッチ
      又はマグネットキャッチを取り付ける。

 参考(ドアクローザーを取り付ける)  
  ドアクローザーを取り付けた場合は、ボールキャッチ・マグネットキャッチなしでもOK


     操作の簡略化と障害物対策を考えると

Ac01

③ ドアを撤去して、
      アコーデオンカーテンに交換する。
        アコーデオンカーテンは施工の容易さと経済性に優れています。

 

« 引戸の動作改良 | Main

Comments

Is a good blog Thanks for sharing.

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アコーデオンカーテンの活用:

« 引戸の動作改良 | Main

November 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Trackbacks

Categories

  • 住まい・インテリア
無料ブログはココログ